住宅ローン借り換え審査のタイミングは?

住宅ローン借り換え審査とタイミングとは?

夫婦

住宅ローンの借り換えをすると決めた場合、どのタイミングで申請してローンを組んだらいいのでしょうか。

 

基本的に言えば、借り換えの時期は早ければ早いほど良いと言えます。というのは、借り換えのタイミングが遅くなると、それだけ支払う金利も増えていくからです。

 

逆にタイミングを逸してローンの残存期間が数年しかない・・・という場合は借り換えのメリットがほとんどなくなってしまいます。

 

では、そのことも踏まえてタイミングを計るポイントを紹介していきましょう。

 

住宅ローンの借り換えは思い立ったが吉日、気になる金融商品を見つけたらすぐにシミュレーションしてみてください。

 

諸経費を支払っても借り換えをする価値がありそうであればすぐに申し込みます。

 

特に給料が下がっている場合、ことは急を要します。住宅ローンの借り換えを申し込むタイミングによって審査が通りやすくなったり逆にはねられたりするからです。

 

というのは、住宅ローンの借り換え審査の際、年収は重要な要素として考慮されます。

 

しかし、その年収は昨年度実績を元にした源泉徴収表によって審査されるので、年収が下がっている場合は特に早く申請することが大切になります。

 

昨年の年収が500万円、今年は400万円であった場合、早めに申請すれば500万円の年収を持つ人として審査してもらえますが、ぐずぐずしていると年が変わって年収400万円の人として審査されてしまうことになり、これが元となって審査に落ちてしまうかもしれないのです。

 

もちろん、レアケースではありますが昨年度よりも今年のほうがはるかに年収が高いと言う場合は、多少借り換えの申請を遅らせることも出来るでしょう。

 

もう一つ、住宅ローンの申請を早めにすべき理由があります。

 

それは健康なうちに借り換えのローンを組んでおく必要があるということです。金融機関は資金の回収を一番に考えていますので、ローンを組んだ当人が病気で支払い不能になることを嫌います。

 

そこで、契約者が死亡した時や障害を抱えた場合でも返済が可能になるように健康保険に加入することを求めています。

 

この金融機関が提示する健康保険に加入することがローン審査の条件でもあるわけです。

 

健康でないと健康保険には加入できませんので、出来るだけ若くて加入が容易な時期に借り換えを申請しておくとスムーズに住宅の借り換えローンを利用できるわけです。

 

このように支払い総額、年収実績、健康保険という3つの面を考えるとき、借り換えローンは出来るだけ早く申請したほうが良いということが分かるでしょう。

住宅ローン借り換えでおすすめの銀行ランキング!【審査はどう?】

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印 申し込み


楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


au住宅ローン
  • セット割でau通信サービスがおトクに
  • 三菱東京UFJ銀行出資だから安心
  • 業界最安水準の金利!
  • 最短10日で契約完了
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
矢印 申し込み


イオン銀行住宅ローン
  • 全国110店舗以上展開
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は1万円から
  • 団信生命保険料・全疾病保険料は本人負担
矢印 申し込み