住宅ローン借り換え審査注意点

住宅ローン借り換え審査注意点とは?

犬
サラリーマンにとって憧れであるはずのマイホーム。でも、不況が続く現在、マイホームのための住宅ローンで苦しめられている人も少なくありません。

 

ボーナスが減ってしまったので住宅ローンのボーナス返済が厳しいとか、返済金額が下がらないという話はよく耳にするものです。

 

そこで検討したいのが住宅ローン借り換え。金利が低い銀行で住宅ローンを借り換えることによって返済総額を減らすことが出来たり、毎月の返済額を減らして家計を楽にすることが出来たりします。

 

でも、何でもかんでも住宅ローン借り換えをすれば楽になるというものではありません。住宅ローン借り換えにも注意点や落とし穴があるのです。

 

失敗して損したり、後悔することの無いように住宅ローン借り換えの注意点や落とし穴で大きなものを紹介しておきましょう。

 

最初の落とし穴、注意点としては住宅ローン借り換えはただでは出来ないということです。具体的などんな費用がかさんでくるのかは後の項で詳しく扱いますが、大きく分けて保証料と事務手数料などの諸費用が必要になります。

 

保証料に関しては、銀行によって金額やパーセンテージが異なってきます。中には新生銀行のように保証料が不要という借り換えローンもあります。

 

事務取扱手数料はローンを組むときに必ず必要なもので、新規の住宅ローンを申し込んだときにも支払った費用です。

 

もちろん、新規のときはローン金額の大きさと比較するとまさに「諸費用」という印象しかなかったと思いますが、住宅ローン借り換えでも別途事務手数料が必要になるのです。

 

というのは、借り手側からすれば「借り換え」なのですが、銀行側からすれば「新規のローン」であり、当然通常のローンと同じ手続きを踏まなければならないのです。

 

また、司法書士などへの報酬として支払う金額も入れると数十万円の費用が必要になりますので、この費用は住宅ローン借り換えメリットから差し引かなければなりません。

 

また、選ぶ銀行によっては支払い総額が増えることもあるというのが二つ目の住宅ローン借り換えの落とし穴です。

 

「借り換えして支払い総額が増えるなんてありえない」と思うかもしれませんが、これは借り換え時のさじ加減一つで増えてしまう場合もあるのです。

 

例えば、毎月の住宅ローンの返済がきついからといって、月々の負担を減らす方向で借り換えをすると、金利が下がったとしても支払い年数が増え、結局支払い総額が膨らんでしまうということにもなりますからその点にも注意が必要になります。。

 

もちろん、それも分かった上で負担減を選択するのであればいいのですが、何も考えずに「住宅ローン借り換え=金利圧縮=負担減」と捉えてしまうと落とし穴に嵌ってしまう場合もあります。

 

こういった住宅ローン借り換えの落とし穴と注意点をしっかりと確認するためにも金利、支払い総額、毎月の負担を事前によくシミュレーションしておくことが大事です。

住宅ローン借り換えでおすすめの銀行ランキング!【審査はどう?】


HOME メリットは? ベストタイミングは? 諸費用はいくら? イチオシ銀行!