住宅ローン借り換え審査と金利とは?

住宅ローン借り換え審査と金利

ソファ

住宅ローンの借り換えをする場合、最も気になることの一つが金利はどのくらいになるのかと言うことではないでしょうか。

 

何と言っても借り換えが成功するかどうかは概ね金利がどの程度なのかにかかっていますので、気になるのは当然のことと言えます。
では、住宅ローン借り換え審査と金利の関連を解説していきましょう。

 

まず、審査金利と呼ばれるものを説明していきましょう。

 

これは実際に支払う金利とは異なるもので、審査をするときだけに用いる金利です。

 

金融機関によって若干の際はありますが、4%前後が一般的といわれています。これは返済能力があるかどうかを測るために用いられる金利で、返済比率を出すときに重要になってきます。

 

この審査金利を含めた月々の返済額を元に年間の支払額を算定し、これと年収の比率をもって返済比率にしているのです。

 

実際には返済する金利は2%程度ですのでこれより少なくなるのですが、審査においてはより安全側を取ってこの金利を用いているのです。

 

これを元に計算した返済比率が35%以内に収まっていないと審査には通りません。

 

さて、住宅ローンの借り換えと金利の関わりといえば、実際に適用される金利も気になるところです。

 

では、どのくらいの金利で借り換えローンを組めるのでしょうか。これに関しても多岐に渡るオプションが用意されています。

 

各金融機関の商品によって異なるのですが、大きく分けて固定金利型、変動金利型、固定金利選択型。固定金利というのはその名のとおりで、金利の変動が一切ありません。

 

メリットとしては返済総額がローンを組んだ時点で明確であること。返済が終わる時期もきちんと分かります。資産運用の計画をきちんと立てたい人には好まれているようです。

 

ただしデメリットもあり、金利が多少高めに設定されています。これは金利上昇を見込んだ数字になっているためです。

 

逆に変動金利型は一般的な金利変動に合わせて金利が上下します。メリットとしては金利が低く設定されていることです。

 

つまり、その時点での金利相場にあわせることが出来るため、ぎりぎりの金利を保てるわけです。

 

また、金融機関が行う金利優遇キャンペーンなどの恩恵を受けられるのもメリットです。

 

逆にデメリットとしては、金利が上昇すれば当然それに合わせて返済金額が膨らむことです。また、それに伴って返済終了の時点が明確にならないというデメリットもあります。

 

最近は当初金利が固定で、それ以降は固定か変動か選択できる固定金利選択型も多くなっているようです。

 

住宅ローン借り換えの固定金利と変動金利の選び方についてはこちらもどうぞ。

住宅ローン借り換えでおすすめの銀行ランキング!【審査はどう?】

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印 申し込み


楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


au住宅ローン
  • セット割でau通信サービスがおトクに
  • 三菱東京UFJ銀行出資だから安心
  • 業界最安水準の金利!
  • 最短10日で契約完了
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
矢印 申し込み


イオン銀行住宅ローン
  • 全国110店舗以上展開
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は1万円から
  • 団信生命保険料・全疾病保険料は本人負担
矢印 申し込み