住宅ローンの借り換えとは?

住宅ローンの借り換えって何?

夫婦

マイホームは人生の中で最も高価な買い物と言われています。

 

それだけにマイホームを建てることはサラリーマンの夢ですし、それが実現したときは大きな満足感を味わうものです。

 

しかし、マイホームは建てて終わり・・・ではありません。経済的な観点から言うと、逆に建ててからが勝負になるわけで、住宅ローンを毎月支払っていかなければなりません。

 

とはいえ、このご時世なので住宅ローンを組んだときには予想していなかったことが生じているかもしれません。

 

例えば、「住宅ローンを組んでマイホームを建てたときには上場企業のビジネスマンだったものの、リストラに遭って解雇されている」という人もいるでしょう。

 

あるいは「脱サラして自営業に転職しているのでボーナスがなくなっており、ボーナス月が厳しい」、「転職はしていないものの、勤めている会社の業績が芳しくなく、ボーナス査定が低くなっている」ということもあるでしょう。

 

もちろん、ヘッドハンティングされるなど、転職によって状況が好転している人は問題ないのですが、大多数の人にとっては「状況の変化=状況の悪化」なので、住宅ローンが重くのしかかってきているのです。

 

そんな人にお勧めなのが、住宅ローンの借り換えなのです。

 

住宅ローンの借り換えとは、残っているローンを借入金で一括返済してしまうというもの。

 

「何だ、借金であることに変わりないじゃないか」と思われるかもしれませんが、より低金利でお金を借りることが出来れば、支払い総額を低く抑えることが可能になりますし、同じ金額で返済していけるのであれば、より早く支払いを済ませることが可能になります。

 

何と言っても住宅ローンは人生で最も高い買い物。

 

ローンの金額も数千万単位になることがありますので、利息金額だけでも非常に多くなっており、それが減額されるだけで随分と返済に違いが出てくるのです。

 

例えば、3千万円を5%で借り入れして返済中、残額2千万という状況であれば、100万円の利息がまだ残されています。

 

もちろん複利が関係しますのでもっと実際には多いのですが、とりあえず100万円としましょう。

 

これが借り換えによって3%の金利に変更できたら、60万円の金利ということになり40万円の差が生まれます。

 

もし月に10万円返済しているとした場合、4ヶ月以上早く返済を終えることが出来るのです。

 

このように上手に活用すれば非常に役に立つ住宅ローンの借り換え。そのポイントと注意点をこのサイトで紹介していきましょう。

住宅ローン借り換えでおすすめの銀行ランキング!【審査はどう?】

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印 申し込み


楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


au住宅ローン
  • セット割でau通信サービスがおトクに
  • 三菱東京UFJ銀行出資だから安心
  • 業界最安水準の金利!
  • 最短10日で契約完了
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
矢印 申し込み


イオン銀行住宅ローン
  • 全国110店舗以上展開
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は1万円から
  • 団信生命保険料・全疾病保険料は本人負担
矢印 申し込み