住宅ローン借り換えの諸費用は高い?

住宅ローン借り換え審査と諸費用

リビング
住宅ローンの支払いが厳しかったり、将来の資産運用を考えたりした場合、ローンの借り換えで金利を圧縮して支払い総額を減らそうと思う場合があるでしょう。

 

実際、この借り換えによって支払い総額が何百万円も減る場合がありますので、特に借入金額が多かったり金利が高かったりする場合は見直しをしてみるとよいでしょう。

 

しかし、その場合でも借り換えに伴って幾ばくかの費用がかかることは覚悟しておかなければなりません。その内訳をここで見ていきましょう。

 

住宅ローンの借り換えをする場合に必要になってくるのは、まず事務手数料です。

 

これは銀行がローンを組むときに行う様々な手続きのための手数料。多くの金融機関は借入金額に対して○%といった形で事務手数料を徴収しています。

 

中には事務手数料が固定金額になっている金融機関もあります。

 

新生銀行のように、期間限定で事務取り扱い手数料が無料になる場合もあり、このときに借り換えローンを申し込むとお得です。
また、純粋な事務手数料とは異なりますが、契約者が購入するべき印紙税も費用に計上されます。

 

これローンを組む金額によって変わるのですが、5000万円までなら2万円の税金を支払わなければなりません。

 

さらに、抵当権を設定するための費用が必要になります。この費用は借入金額の0.1%とされていることが多いようです。

 

それほど大した金額にはならないと思われがちですが、仮に3000万円のローンを組むとすると30万円になりますので馬鹿に出来ません。

 

それとは別に司法書士などに支払いが発生する場合もあるようです。

 

また、借り換えの際には保証料が必要になる場合がほとんどです。

 

保証料というのは信用保証会社に連帯保証をしてもらうために必要な費用のことです。通常の融資を受ける場合は連帯保証人を付けてお金を借りることがありますが、住宅ローンの場合は金額が大きいため信用保証会社がその代わりをしてくれると言うわけです。

 

金融機関のほうが指定してきますので、ほとんどの住宅ローンで必要になります。

 

1000万円のローンで20万円程度はかかるとされています。ただ、新生銀行のように保証料が0円という金融機関もありますので、こうしたシステムを利用すると諸費用を安く抑えることが出来ます。

 

もう一つ、これは借り換えそのものに必要な費用ではないのですが、繰上返済手数料も考慮すべき費用です。

 

これは、余裕のある月には通常のローンに上乗せして返済するときに取られる手数料です。折角繰上返済できるのに手数料を取られるのは納得できませんが、かなりの金融機関で取られているのが現状です。

 

これが取られない金融機関であれば、どんどん繰上返済が出来てお得です。

住宅ローン借り換えでおすすめの銀行ランキング!【審査はどう?】


住宅ローン借り換え審査TOP 住宅ローン借り換えメリットは? 借り換えのベストタイミング 住宅ローン借り換え諸費用 イチオシ銀行!