住宅ローン借り換え審査の基準は厳しい?

住宅ローン借り換えの審査基準を徹底解剖!【通らない理由は?】

待つ

住宅ローン借り換えの際にも、もちろん審査はあります。

 

ただ、借り換えの場合に行われる審査は新規に住宅ローンを借り入れる場合とは基準が異なる部分があるために注意が必要です。

 

住宅ローン借り換えをしようと考えていらっしゃる方の多くが、金利や諸費用の安い銀行のローンに借り換えることで返済負担を軽くしたり、支払総額を減らすことが目的となっています。

 

時には経済状況の変化によって収入が減ってしまった、余裕がなくなってきたという方もいらっしゃるでしょう。

 

そういった場合の借り換え審査に通るためにはどういったことに注意しなければいけないのでしょうか?

 

一般的には新規に住宅ローンを借りるときよりも、借り換えのほうが審査基準は緩くなると言われていますが、それは本当なのでしょうか?

 

毎月の返済額を減らしたいと思っても住宅ローン借り換え審査に通らなければ意味がありません。

 

しっかりと審査基準を把握しておくことが大切になります。

 

あなたの現在の年収と返済比率の問題、また借り換え金利との関係、残りの返済期間、物件の担保価値など専門的な知識が必要なものもありますが、勉強しておきたいものです

 

また、借り換え審査と同時に、銀行選び、住宅ローン選びも大事なポイントになります。

 

金利と諸費用が安い銀行を選ぶことで数百万円の節約効果をはっきできることもありますから、その点にも気を配っておきたいもの。

 

当サイトでは借り換え審査に通るための知識とテクニック、そして借り入れで失敗しないためのコツをご紹介しています。

住宅ローン借り換えでおすすめの銀行ランキング!【審査はどう?】

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印 申し込み


楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


au住宅ローン
  • セット割でau通信サービスがおトクに
  • 三菱東京UFJ銀行出資だから安心
  • 業界最安水準の金利!
  • 最短10日で契約完了
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
矢印 申し込み


イオン銀行住宅ローン
  • 全国110店舗以上展開
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は1万円から
  • 団信生命保険料・全疾病保険料は本人負担
矢印 申し込み

住宅ロン借り換え審査記事一覧

マイホームは人生の中で最も高価な買い物と言われています。それだけにマイホームを建てることはサラリーマンの夢ですし、それが実現したときは大きな満足感を味わうものです。しかし、マイホームは建てて終わり・・・ではありません。経済的な観点から言うと、逆に建ててからが勝負になるわけで、住宅ローンを毎月支払っていかなければなりません。とはいえ、このご時世なので住宅ローンを組んだときには予想していなかったことが...

住宅ローンの借り換えとは、家を建てたときに組んだ住宅ローンを一括返済して、別のローンに返済を振り替えることを指しています。夢のマイホームを建てたはいいものの、「100年に一度」と言われるような経済不況の中で返済に窮している人は少なくありません。そんな中で急速に脚光を浴びたのが住宅ローンの借り換えなのです。では、住宅ローンの借り換えにはどんなメリットがあるのでしょうか。まず何と言っても一番大きな住宅...

住宅ローンの借り換えをしたいと思っている人は多いのですが、金融機関の審査があるので誰でも借り換えが可能というわけではありません。では、住宅ローンの借り換えをしたいと思う場合、どのような審査が行われるのでしょうか。年収や勤続年数が当然考慮されますが、新規の住宅ローンでは考慮されなかった項目が考慮される場合もあります。また、新規の住宅ローンを組む場合と借り換えのローンでは基準が異なる項目もあります。そ...

アベノミクスなどといってもデフレの状態が続き、給与水準があがらない現在、マイホームのための住宅ローンの返済で苦しめられている人も少なくありません。給料が増えないならまだしも、最近はボーナスが減ってしまったので住宅ローンのボーナス返済の月が厳しいとか、返済金額が下がらないという話はよく耳にするものです。そこで検討したいのが住宅ローン借り換え。現在借りているよりも金利が低い銀行で住宅ローンを借り換える...

住宅ローンの借り換えをすると決めた場合、どのタイミングで申請してローンを組んだらいいのでしょうか。基本的に言えば、借り換えの時期は早ければ早いほど良いと言えます。というのは、借り換えのタイミングが遅くなると、それだけ支払う金利も増えていくからです。逆にタイミングを逸してローンの残存期間が数年しかない・・・という場合は借り換えのメリットがほとんどなくなってしまいます。では、そのことも踏まえてタイミン...

住宅ローンの支払いが厳しかったり、将来の資産運用を考えたりした場合、ローンの借り換えで金利を圧縮して支払い総額を減らそうと思う場合があるでしょう。実際、この借り換えによって支払い総額が何百万円も減る場合がありますので、特に借入金額が多かったり金利が高かったりする場合は見直しをしてみるとよいでしょう。しかし、その場合でも借り換えに伴って幾ばくかの費用がかかることは覚悟しておかなければなりません。その...

住宅ローンの借り換えをする場合、最も気になることの一つが金利はどのくらいになるのかと言うことではないでしょうか。何と言っても借り換えが成功するかどうかは概ね金利がどの程度なのかにかかっていますので、気になるのは当然のことと言えます。では、住宅ローン借り換え審査と金利の関連を解説していきましょう。まず、審査金利と呼ばれるものを説明していきましょう。これは実際に支払う金利とは異なるもので、審査をすると...