住宅ローン借り換え審査

住宅ローン借り換え審査の疑問にお答えします

見出し

住宅ローン借り換えの審査基準は?

住宅ローンの審査は収入が多い、少ないというだけではなくこの先安定して返済し続けることができるかどうかという点が重視されます。これは借り換え審査でも同様です。

矢印

年齢・勤続年数・勤務先・自営業かどうか・年間の返済額と年収の割合である返済負担率・健康面での問題・車のローンや教育ローン・キャッシングでの借り入れ・これまで住宅ローン返済の延滞など細かな点までしっかりとチェックされることになるのです。

 

また住宅ローン借り換えの場合にはこれにプラスして担保物件の価値、物件評価が重要になってきます。新築から時間が経過して不動産の価値が大幅に下がっている場合やオーバーローンの状態になっている場合には審査に通らないということも考えられます。

 

住宅ローン借り換え審査の基準はそれぞれの金融機関によって違いますし、住宅金融支援機構と民間銀行が提携しているフラット35などはまた違った基準があるとされています。ですから住宅ローン借り換えを検討する際にはひとつの銀行だけに絞って計画を立てるのではなく、あらかじめ複数の銀行で資料請求と申し込みを行っておくことで、通らなかった場合の保険をかけておきましょう。

 

 

借り換え審査が甘い銀行ってありますか?

現在、金利の高いローンを組んでいて、どうしても住宅ローン借り換えをしたいという方なら審査が甘い銀行があればぜひそこを利用したいと思うはず。実際に基準が甘い銀行というのは存在するのでしょうか?

矢印

住宅ローン審査の基準はどの金融機関も明示しているわけではありませんし、金融機関ごとによって基準も変わります。また、厳密に数字を出して基準を満たさない場合には全て落ちるというところもあれば、その人を見て判断するといったことを売りにしているところもありますから、比較的基準が甘い金融機関は存在するかもしれません。しかし、その判断は口コミやこれまでの経験から導き出されたもの。年収や勤務先、勤務年数、借入金額、物件の評価などの条件は千差万別、人によってまったく異なりますからある銀行が借り換え審査が甘い、厳しいというのは一概には言えるものではないのです。

 

つまり、どこの銀行が甘いか、厳しいかということを気にするよりも、基準が異なる金融機関を試してみるということの方が大事。一般の住宅ローンでも銀行ごとに基準は変わりますし、フラット35などは公的ローンであるため審査基準が一般の住宅ローンとは大きく異なるため他でダメでもフラット35では通ったというケースがあるのです。条件の良い金融機関をいくつか比較しておいて最低でも3つの銀行に申し込みをするのが当サイトおすすめの方法です。

 

 

借り換え審査に通らない理由は何?

金融の自由化やネットバンクの登場によってここ数年で金利が安く条件の良い住宅ローンが登場するようになりました。しかしこのことが借り入れる側にとってマイナスになる場合もあるようです。

矢印

銀行が設定する金利が低くなる、繰り上げ返済手数料無料など借りる側にとってのサービスがよくなると審査基準が厳しくなる傾向があるのです。以前と比べて低金利になっていることが住宅ローン借換を検討するきっかけになっているのに、そのことで借りるのが厳しくなっているという状況があります。

 

また、景気の低迷が続くと借入時から収入が変わっていない、もしくは年収が下がってしまっているということも多くなります。当初の予想より返済負担が大きくなっているため借り換えをしたいと考えても、収入の基準を満たせないということも増えているようです。

 

具体的に主要な銀行の審査基準を見てみると、年収の下限は300万円〜400万円、勤続年数は3年以上、健康で団信保険に加入できることといった点は共通しています。それぞれのケースによって変化しますが住宅ローン借換審査の一つの目安になるはずです。

住宅ローン借り換え審査申込み!おすすめ銀行ランキング【2016年9月】

住宅ローン借り換えのメリットと必要な審査とは?

調査
住宅ローンの借り換えをすると、金利が圧縮されるために将来における利息が減り支払い総額が減るという大きなメリットがあります。

 

それだけで支払う総額が数百万円異なってくることも珍しくはありません。

 

それなので、低金利が続いている今、検討している人は非常に多いのです。

 

もちろん、銀行側も需要が大きいことを知っているので、それに見合った金融商品を出して顧客を囲い込もうとしています。

 

新生銀行やするが銀行といった先進的な取り組みに長けた銀行は早速専用の商品を出していたりします。

 

しかし、実はこれは誰もができるわけではありません。まず、それほどメリットがないという人には当然ながらおすすめしません。例えば借入金額が1000万円を切っていて、完済まで10年もない・・・といった場合には、メリットがなくなることもあります。

 

他にも金利差が1%未満の場合もあまりメリットを実感できません。後述するとおり、手数料や諸費用が掛かりますので、手間だけかかってメリットがほとんどないのであればやらないほうがいいでしょう。

 

さらに、銀行側の審査が通らないために借り入れることができないと言うこともありえます。新規に借りるときも当然あったはずなのですが、住宅ローン借り換えの際にも審査が再び行われます。

 

しかも、その場合には、はじめて借りるときよりも厳しくなる場合が少なくありません。なぜかと言うと、返済の負担軽減をしたいということは、返済に窮しているのではないか・・・という疑念が生じるからなのです。

 

実際には返済に窮している人もいれば、資産運用の一環としてよりお得な方法を探している方も存在するのですが、銀行側としてはきちんと確認しておきたいと思うわけなのです。

 

この住宅ローン借り換え審査を通るか落ちるかは大きな問題と言えますが、その基準は各金融機関によって異なるため、どういう条件なら通るのかというのは一概に言えません。

 

ただ、一般的に言われているのは年収が安定していること、クレジットカードやキャッシングにおいて事故(返済遅延や返済放棄)を起こしていないこと、勤続年数が長いこと(自営業の場合は同業種で5年以上)などがあるようです。

 

もちろん、これらは基準の一部なので、これをクリアしていても落とされたり、クリアしていなくても総合的に見てOKということで通過することもあるようです。

年収はいくらあればいいの?【審査基準を教えて!】

キッチン
住宅ローンを借りる際に必ずあるのが金融機関の審査です。その際には年収が幾らあるのかが調査され、重要な判断基準とされます。

 

しかし、めでたく新規に借り入れをしてマイホームを構えたにも関わらず、この不況の波にあおられて年収が下がってしまうということがしばしば生じています。

 

あるいは、リストラを経て転職し、それによって年収が下がると言うことも生じます。

 

年収が下がれば当然毎月の返済も負担としてのしかかってくるわけで、家計を圧迫してきます。そうなるとさまざまな方法で返済負担を減らそうと考えるのは当然のこと。

 

その一つの手段として借換えによって毎月の返済金額を減らそうと考えるようになるわけです。

 

では、年収減は住宅ローン借換審査にどんな影響を与えるかを解説しましょう。

 

こういった場合では「年収が下がっているから、通らないのではないだろうか」と心配になる方は多いはず。

 

確かに、しっかりと年収が確認されますし、新規に組むときよりも条件が厳しい傾向になっているのは確かです。

 

例えば、新規に借り入れるのであれば年収300万円あればOKだったものが、350万円必要になるといった具合です。しかし、基本的に新規で組む年齢と借り換えをする年齢には違いがあり、それを考慮すると極端に厳しい基準になっているわけではありません。
そもそも、年収が下がっている人(あるいは上がらない人)が考えるわけですので、銀行側もそのことを考慮に入れます。

 

年収のみではねられてしまうということはそう多くはありません。極端に年収が下がっていない限りは他の要素と比較して総合的に判断されることになるでしょう。

 

もちろん、年収が多いほうが借り換えに有利であることは言うまでもありません。

 

もし、事前に今年の年収が昨年より下がると言うことがはっきりしている場合は、早めに申請するというのも一つの方法です。

 

というのは、金融機関の年収審査は源泉徴収を基にしているため、昨年度年収実績が評価対象になるからです。

 

今年、あるいはこの先が年収減になるとしても、今のうちに申し込んでしまえば通りやすくなるわけです。

 

「100年に一度」と言われるほどの大不況が続く現在、年収が下がるのは珍しいことではありません。

 

逆に年収が毎年確実に増えるという構造自体が崩れつつあります。ですから、先行きに不安を感じたら住宅ローン借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

住宅ローン借り換え審査に通らないのはどうして?

テレビ
毎月の返済が家計を圧迫すると、どうにかして負担を減らすことはできないだろうかと考えるようになるものです。

 

また、最近は定年後の資産運用を真剣に考えるサラリーマンが増えてきました。

 

住宅ローン借り換えによって利息を圧縮できれば、かなり支払い総額が減らせることが多いですから、資産運用に回す資金を作ることが出来ます。

 

こうした背景もあって、人気がある状態が続いています。しかし、新規に借り入れると同様、借換の場合にも審査があり、誰でも簡単に負担をへらすことができるわけではありません。

 

では、住宅ローンの借り換え審査で落ちてしまう、通らない要因となるのはなんでしょうか。

 

それぞれの銀行の基準を見てみると新規に借り入れる場合とは重視するポイントが少し異なります。というよりも、重視するポイントが変わってくるのです。

 

新規の時には重視されなかったポイントに比重が置かれ、逆に重視されていた要件が緩和されている場合も少なくありません。

 

例えば、先に取り上げた「担保割れ」などは緩和要件の最たるものです。

 

新規の場合、その家の評価額以上の借入をすることなど決して出来ませんが、住宅ローン借り換えの場合は評価額の2倍以上のローンを組むことも出来ます。

 

しかし、逆により厳しくみられる条件もあります。

 

例えばキャッシングの使用や事故歴。当然、新規の場合でも重視される項目ですが、借換えの場合はさらに厳しくチェックされる項目になります。

 

というのは、クレジットカードの支払い延滞などがあると信用調査機関において「事故歴あり」となり、「事故歴がある=これからも延滞の可能性あり」という印象をもたれてしまうからです。

 

金融機関は顧客の支払い総額が減ることに関心があるのではなく、金利も含めて資金が回収できるかどうかに関心を持っているわけなので、事故歴がある危ない人にわざわざ貸すことはしません。

 

それなので、事故歴がある場合は通らない場合が少なくないのです。故意に支払いを延滞することは少ないと思いますが、日ごろからクレジットカードの引き落としがきちんとされるように気を配っておきましょう。

 

そして、キャッシングも可能なら使用しないほうが無難です。さらに最近はクレジットカードやキャッシングカードを発行してもらうだけで沢山の特典が付くことがあるため、何枚も、人によっては20枚近くクレジットカードや消費者金融のキャッシングカードを持っている場合がありますが、これもあまり望ましくありません。

 

不要であればまずは解約してから申し込むようにしましょう。


HOME メリットは? ベストタイミングは? 諸費用はいくら? イチオシ銀行!